ETC

組織販売力とは何だろうか?

組織販売は、組織に属し同一歩調を採りながら販売することを言う。

ここで気を付けなくてはならないのが、「組織販売力」と「組織販売」が違うことだ。

例えば、○○モールとか△△タウン、等のように同一場所・同一建物等で独立各店が営業するのが「組織販売」と言う。

この場合の組織は、場所を管理する能力はあるが、営業に対しての命令権は無いのが普通だ。

商品仕入れは各店が独自で行い、組織としてオーダー一括と物流システムを持たない。

チラシなどは、組織の名前で配布する。

経営は独立しているが、店名・建物のイメージが同じで、商品を本部支給に頼っている場合が「組織販売力」を持っていると言える。

この場合、組織本部は仕入れ企画・販売企画を行い、各店が実行する。

オーダーと商品配送が付いている。

この方式が街で一番多くみられる。

ユニクロ・コンビニ等がこの方式を採っている。

自社チェーン店は、経営が本社一括で行う。

オーダー・物流システムを持ち、各店の経営状態を本社が管理する。

よく見かけるスーパー等はこの方式が多い。

組織に属しているが、経営は個々が行う。

勉強会、セミナー、等を持ち営業目標とか定め各店が実行する。

オーダーシステムはあるが、組織だった仕入れは出来ない。

物流システムと言えるほどの物はない。

店のどこかに組織のワッペン等を張り付けている場合が多い。

大まかに分けてみたが、ほとんどこのパターンに属している。

どの方式が一番強いか?判定するのは簡単だ。

よく繁盛している方式が一番強い。

酒屋の場合、どの方式に客が流れたのか見れば一目瞭然だ。

一見、強そうな組織販売だが、欠点と長所を見定めればハッキリ対策が見えてくる。

次回は、どうすれば組織販売以上の効果が出せるか?書きます。