ETC

あるお店Ⅱ

〆張鶴を飲んだ翌日、いつもより早く起きてしまった。

いつものように経済紙を見ながらコーヒーを飲む。TANNOYがカラヤンを奏でてる。

紙面には、小池都知事の施政方針演説の要旨が書かれてる。

「大変だなぁ、都議会先生たちも悩んでるだろうなぁ」とか思いながら出社支度をした。

都心まで35分、乗り換えの時間を入れても40分程で会社についた。

デスクに着き、すぐスタッフ11人全員を会議室に集まるよう指示を出した。

集まった全員が、何かへまでもやらかしたか、と言うような顔つきでこちらを見ている。

昨日の酒屋の件を要点だけ話し、テーブルの上にメンバーカードを乗せた。

材料はこれだけだ。話し終わった瞬間、黒板に書かれた要点項目を一斉にパソコンに全員が打ち込む。

情報の共有化を推し進め、まだ1年未満だが、板についてきたと思わせる行動だ。

すぐ左に座ってる女性が「画面でバーコードの読み取りですが、こんな感じでしょうか?」と黒板横の大型モニターにエクセルで表示したバーコードを映し出した。

各人のPCはネットワークが組まれ、必要に応じ、共有するフォルダー内でのやり取りが出来る。

大型モニターにも映し出すことが出来、問題点と条件などが映し出される。

各人の考えを映し出すように仕組まれている。心の中までは映せないので安心できるが。

すぐ、右の女性が「あ スマホで読みこみました」と答えた。

全員が「読みこみました」と答えた。

条件の中に、「スマホで読める場合はバーコードリーダーでも読める」が書き込まれた。

「部長、このカードに記載されてるバーコードは、電話番号です」と正面の男性が答えた。

ここまでの所要時間は5分程度だ。

このチームは、各部署選りすぐりのスペシャリストが集まってる。

「そーなのか、小池都知事は、情報の共有化と分析・案集約・結果集積・実行案作成」現代行ってる情報共有化会議をしようとしてるのだ。都庁組織改革はこの一点に集約出来る。

民間会社では、普通行われている決定方式を取ろうとしてるのだ。朝、ある店のことが気になっていたので、新聞記事の結論をいつものように自分なりに出すことをどーも忘れてたようだ👈ここ筆者も○点が忘れてる,,ご指摘があったので。

「ここまでの条件で、各人感相を書き出してください」各人の感想は、大型モニターに同時で映し出される。

じゃ同期をかけるよ。と言いながら大型モニターに映し出された「GO」をタップした。

同文・同意語が集約され、各項目ごとに表示される。

一見して驚いた!

続きは明日書きます。