儲からないし酒屋を止めよーかと思う。食品中心で店を変えてみたいなぁ。どーだろ?

知り合いの店主から、こんな相談とも愚痴とも付かない話を聞いた。

確かに酒類は前ほど儲からなくなってる。大型店、スーパー、コンビニの酒類販売台頭で、特にこれまで酒屋の独占販売的なビールが組織販売に取って代わられ、売り上げが見込めない。

店主の思いもよく理解できる。

 ▼理解はするが、同意は出来ない。

同意したくても、理由が見当たらない。

酒類が社会的に敬遠されていない現状は、これからも続くと思われる。

愚痴の元は、多分売り上げの低迷とか、利益率の低下とか、難しい言葉を並べればきりがないが、売れない、儲からないに尽きる。

なので・・商売変えしようかぁ、、、と思うのです。

 ▼建物は柱で立っている。

柱がなければ、建物としては存在しない。

存在したとしても、危なくて近寄れもしない。

建築物は、中心になる柱が重要だ。橋梁にしても鉄骨がその役割を果たす。

勿論、生物も例外ではない。背骨が無ければどーなるんだろう?

 ▼柱は商店にも存在する。

コンビニは「便利」が柱で、商品構成はそれに準じている。スーパーは「一箇所で生活商品が揃う」をテーマに商品を売っている。

テーマを柱にすることで、お客様の必要性を掘り起こしている。

酒やはどーだろう? 多くの酒販店は何も無いのが現状だ。

もっとも「激安」と言う・・・らしきものが存在した過去も、有るにはあるが・・・。

ディスカウンターの決着はついている。

今、酒やに必要なことは、社会的に認知される新しいテーマだ。出来ない限り発展は無い。