ETC

白い犬

何か面白い話ない?と聞かれれば、大阪では面白い話を出さなければ・・と頑張って出すそうな。

「この前、道で出くわした犬が、尾も白かった」と無理やり応えるのが大阪人の気性みたいだそうな。

それを聞いた大阪人は「犬はもうええでぇ」と「道で出くわした犬が」まで言った時にさえぎる。

そんなに面白い話が有るわけ無いのだが、大阪人は相手の気持ちに応えようとするらしい。

昨日、IFで「悲しい酒も入れとこ」と書いたが、早速、お叱りを受けた。「何で酒よが入ってないのだ。」電話の主は言う。私としては、このEtcは誰も読んでいないと思い書いている。 読まれていることで驚いた。

面白くも無い文章だし、誰を相手に書いているのかも定かでない。ただ、酒販店の近未来が気になって書き出したのが本音だ。

根っからの大阪人の私としては、何か面白い話を書かねばならない・・と思いもしない。読んでくれる人が有るなら書いてみようかなぁ・・とその気になった。

「尾も白い」的な話かもしれないが、時々思い出したように書いてみることにした。

もっとも、酒販店がらみの話しか書けないが、と言うか、、そこしか知らないのが本音だ。

少し前、二人で大笑いした話がある。

 ▼ 全品50%OFF

天王寺駅構内のパン屋さんが表に堂々とした看板を掲げている。

表から見る限り、いつもより少し多いお客で賑わっている。

安いなぁ・・・と思って店の中に入った。いつもの食パンが半値だ。思わず2つ買ってしまった。

レジはいつもと同じで、込んでる気配は無い。

帰り道、商品安いけど大丈夫かなぁ・・いつもの味だろうなぁ・・・と、少々不安になってきた。

なにしろ、口の中に入れるのだから安心じゃないと・・と、そんなことを思いながら家路に着いた。

あくる朝、coffeeと件のパンを焼いて食べてみた。なんら変わらない。

これで利益が取れるのだろうか?本当はこの価格が正当なのか?客寄せで安くしてるのかぁ?どこか手抜きしてるのかなぁ?・・・等、商売人の癖で様々考える。

食パン一切れで色々考えるのが面倒になり、朝食を終えた。

食後、音楽を聴きながらぼーとしていると・・・・・・・・・・

あっ!と思い当たることがあった。

 ▼ 味に自信あり

きっと、パン屋さんは味を知ってほしいんだ。

だから、半額でお客を呼び込んでるのだ。

それ以外思い当たる節は無い。

アベノファルカスがオープンし、それまでのお店は客数を減じさせている。

そう考えれば納得がいく。だから全商品なのだ。「食パン安いデー」とか「菓子パン安いデー」と言うような客引きではない。

よほど味に自信が有るのだろう。そーでなければ、売り上げを半減させる意味が無い。

その話を知り合いの飲食店にした。彼は「おっし!うちもやるでーー」と話半分で急いで出て行った。

3日後、彼の店の前を通りかかった。店内はほぼ満席で賑わっている。表のガラスには、○○半額と言うチラシがベタベタ張っていた。

その日の夜、彼が来たので、どーだった?と聞いてみた。「むちゃ忙しかった。でも売り上げは普段より下がっている。」そりゃそーだろう。倍の客数でも半額なら売り上げは同じだ。と言ったら、決めた商品だけが半額だから、もう少し売り上げが上がると思った、と彼が言う。

セール期間が過ぎ、彼が来たのでどーだった?聞いてみた。「あかん!期間が過ぎれば客数ガタンと落ちた。売り上げも下がった。」売った後はヒマとは我々物販の鉄則だが、(買った後は同じ商品がいくら安くても買わない。必要が無いから・・)飲食でもそんなこと有るのかなぁ・・とふと思った。

じゃ食い逃げされたのかぁ・・と冗談言ったら、あ、、、、そだ そのとおりや、、と 二人で大笑いした。

 ▼大阪万博

当時、大阪千里丘で開かれた万博は、すごい人出だった。

人気のパビリオンは、3時間待ちは常識で、長蛇の列が出来ていた。

電気自動車を見たときは驚いた。音も無く三輪車が動く。すごいなぁ・・そんな感動があちこちで見られた。(余談だが、後その三輪車を2台買った。荷台にビールを積んで、颯爽と街中を走れば、皆振り返って注目の的だった。)

大阪万博の目的は、「高度成長は、このように技術で達成するんだ。」意気込みが聴こえてくるような感じだった。

イベントの成功は、目的にかかっていると言っても過言ではない。

件の飲食店主は、客数を一時上げただけで後が続かない。目的の無いイベントは必ず失敗する。

彼は第2のイベントを企画しているようだ。今度はキット成功するだろう。

少し安くして、こられたお客に、次回のイベントメニューを手渡しご案内する。客数を上げると同時に定着をはかる。イベントの目的が定まった。

大笑いした甲斐があったかなぁ・・・・・

このような「しょうもない」話しか書けないが、読んでくださる人がいるのなら、少し書いてみようかと思う。いつまで続くかわからないけど。